HOME NPOぐんまとは 業務実績 案内図 リンク お問い合わせ
HOME > NPOぐんまとは
特定非営利活動法人とは
 特定非営利活動法人は、「みんなの役に立つ、社会に必要なことだけど、企業や行政がそれを直接やるにはやりにくい」そんな、公益活動を行う団体です。

NPOぐんまとは
  NPOぐんまは、特定非営利活動促進法に基づき、1999年6月、群馬県の認証を受け、特定非営利活動法人(Non-Profit Organization)として設立登記されました。  市民と企業・行政を結ぶ、日本で最初に公認された市民立シンクタンクです。(2000年1月には地方シンクタンク協議会会員に選ばれました。)
  また、2005年4月1日には、財団法人地球環境戦略研究機関より、エコアクション21地域事務局として認定されました。

シンクタンクとは
 シンクタンク(Think Tank)は、Think(考え)をTank(たくわえる)する集団です。さまざまなまちづくり事業の立案、実施とアドバイスや、自治体の計画づくり、調査・研究やいろいろな分野のコンサルティングを、市民の立場で、専門的な見地を交えて行なっています。また、地域に関わるさまざまな問題について、自主的な調査・研究を行い、情報や知識をたくわえています。 
  市民立シンクタンクNPO、NPOぐんまは、市民にとって、企業にとって、地方行政にとって何が必要なのかを、調査・研究をもとに考え、公益活動を進めます。また、市民と企業、行政を結んで事業を進めるコーディネイターとして活動します。
活動分野は
 まちづくりの推進」、「環境の保全」、「市民活動の推進」の3分野を中心に、以下のような調査・研究、事業を行なっています。
まちづくりの推進を図る活動
環境の保全を図る活動
情報化社会の発展を図る活動
経済活動の活性化を図る活動
職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
子どもの健全育成を図る活動
社会教育の推進を図る活動
国際協力の活動
学術、文化、学術又はスポーツの振興を図る活動
保健、医療又は福祉の増進を図る活動
科学技術の振興を図る活動
人権の擁護または平和の推進を図る活動
男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
観光の振興を図る活動
農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
前各号の活動団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
(2018年6月1日現在)
NPOぐんまの概要
名 称
特定非営利活動法人NPOぐんま
認 証
1999年(平成11年)6月18日
所在地
郵便番号370-0849  >>案内図
群馬県高崎市八島町70番地51
電話/FAX
027-326-6677 /  027-326-6688
代表メール
info@npogunma.net
代表理事 熊倉浩靖・片亀 光
理 事
芝崎 勝治:(株)群成舎代表取締役社長
新井 重雄:(株)高崎市民新聞代表取締役
糸井 丈之:糸井商事(株)代表取締役社長
竹中  隆:(株)竹中組代表取締役社長
橋 正光:ひかり税理士法人代表社員
監 事
田中久夫(税理士)
小林一仁(税理士)
(2018年6月1日現在)

定款
 定款はここから閲覧できます(2018年6月1日現在)
  (PDFファイル約170KB)

 PDFファイルをご覧になるためにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、右のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてお使い下さい。(無償)
Get Adobe Reader

会員募集
 NPOぐんまの趣旨に賛同し、運営に協力してくださる会員を募集しています。
 会員には2種類あり、正会員は主として個人の方を、賛助会員は法人の方を対象にしています。
 会費は次の通りです(年会費制)。
会員種別
入会金
年会費(1口)
正会員(主に個人)
なし
10,000円
賛助会員(主に法人)
20,000円
100,000円
Copyright © NPO Gunma 2015